スタッフストーリーINTERVIEW

Art Director漣 あかね
(2010年入社)

クライアントと
エンドユーザーの

新たな出会いを演出する

01
クライアントの商品(サービス)のメリットをビジュアルで伝える。

―アートディレクターとはどうあるべきか、どのような仕事か?

いつも、きれいなものやカッコイイものにアンテナを張って反応することは大事ですね。
なんできれいなのかな~? どこがカッコイイんだろう? って自分なりに考えてみます。
自然に目がいくから楽しいですよ。
クライアントの商品(サービス)のメリットをビジュアルで伝えるのがデザイナーの仕事。そのための表現方法や考え方の引き出しをたくさん持っていることは、腕の良いデザイナーの共通点だと思います。

02
不特定のインターネットユーザーの心に
何かが伝わって行動を促した時に
達成感があります。

―働いていて一番嬉しかったこと、自分の存在価値が発揮できたと思う経験は?

一番嬉しいのは、自分が担当したサイトの売上げが上がって、クライアントさんからその報告をいただく時です。
不特定のインターネットユーザーの心に何かが伝わって、行動を促した訳ですから、達成感があります。
でも、自分の存在価値を発揮できたとまでは思いません。もっともっとこんな体験を増やしたいという気持ちの方が強いです。

デザインチームをまとめて、
大規模案件を大成功に導きたいです。

―これからやりたいことはどんなことですか?

アンでは、入社直後からすぐに未知の仕事にもチャレンジさせてもらうことができました。
ココでは自分の実力よりも上の仕事を任せてもらえます。会社の目指すところが高いので、厳しいと感じることもありますが、だからこそ今の実力がついたと思っています。
これからは、デザイナーチームをまとめて、大規模案件を大成功に導くようなリーダー的存在になりたいと思っています。

02

WORKS

人との出会いが財産です

アンのプロモーションムービー

アンのプロモーションムービー♪