スタッフストーリーINTERVIEW

Front-End-Engineer五百崎 晶子
(2019年入社)

コーディングは
クライアントの
夢を編む仕事

01
コーディングで徐々に画面が出来上がって
行く様子はまさに 「夢を編む」感覚。

―仕事内容を教えてください。

コーダーとはhtmlコーディングをする人のことで、デザイナーがつくったデザインをhtml化するのが仕事です。
デザイン段階では絵のような状態ですが、それをhtmlタグを使ってWebページにしていく訳です。
Web制作ソフト「DreamWeaver」の「weave(ウィーブ)」とは編む・織るという意味です。コーディングすることで徐々に画面が出来上がっていく様子はまさに「夢を編む」ような感覚です。

02
力を合わせて制作したサイトが公開され、
たくさんの人に見られる、
そんな刺激的な仕事に就けて毎日楽しいです。

―どんな時にやりがいを感じますか。

難しい動きやレイアウトを実現できた時は達成感があって本当に楽しいです。
ページ単位でコーディングしたものがWebサイトとして完成するとプロジェクトを成し遂げた実感が溢れてきます。
ディクレター・デザイナーたちと力を合わせて制作したWebサイトがネットに公開されて、いろんな人に見られる、そんな刺激的な仕事に就けて毎日楽しいです。

Web運営業務も担当して
もっとサイトの売上げ作りに
直接かかわりたい

―これからやりたいことはどんなことですか?

アンでは、全案件をクライアントから直接受注しているので、私たちの仕事の成果がすぐにわかります。
クライアントの要望を直接お聞きすることができ、Webサイトは完成後に短時間で公開されるので、反響や売上げがまるで自分事のようです。
これからは、コーディング以外にもWeb運営業務も担当して、もっとサイトの売上げ作りに直接かかわれたら面白いと思います。

02

WORKS

幅広い業種を担当しています

アンのプロモーションムービー

アンのプロモーションムービー♪